転職ガイド

ダメ面接例&おさえておくべきポイント

転職ガイド-面接ノウハウ徹底解説!-こんな面接はダメだ!

今までの面接を振り返ることも大切

書類選考は通るのに、面接でいつも落とされてしまう…そんな方は、面接での自分を「どうだったかな?」と今一度振り返ってみましょう。
普段のしぐさや言葉遣いは、ふとした拍子に出てしまいます。もしかしたら気付かないうちに、面接で出ていた可能性があります。
じっくりと自分の言動を振り返ることで、反省点を見い出し、次への対策を練ってみてください。

こんな面接はダメだ!

こんな面接はダメだ!

こんな面接はダメだ! 自分の主張が強すぎる

自分の希望(やりたいこと)ばかりを主張され、企業にとっての利益が見いだせない場合、当たり前ですが、採用に至らないケースが多いでしょう。自分がやっていきたいことと企業側が求めていることがマッチしているという内容で伝えるようにしましょう。
面接官と話すときは、その企業の方向性やどのようなことを期待されているか、などを確認しながら話していきましょう。

こんな面接はダメだ! 面接官と会話ができていない

面接官の質問に対して、ズレた応えをした時に、面接官は単純に『会話ができない人だな』と感じるはずです。
このようなことを感じさせた段階で、面接は不合格と思ったほうがよいでしょう。

たとえば
面接官:『弊社に入って何をしていただけますか?』
求職者:『正社員として働かせていただき、貢献したいと考えております。』

この時点で面接官は会話できない人だと感じます。興味がなくなった段階で、早く面接を終わらせるように必要なフローだけを行なって不合格を付けるでしょう。
『なにができるか?』『どんなことがしたいか?』といった質問は、入社したあと、『あなたがどんなふうに活躍してくれるのか?』を訊ねられています。入社後、あなたが貢献できる内容を具体的に伝えていきましょう。

【模範解答例】
入社後は営業リーダーとして、若手社員の育成など社員教育面で会社を支えていきたいです。
私は昔から人と関わることが好きで、さまざまな人との関わりにより、自身も周りも共に成長してきました。
御社では、新規顧客の開拓に注力されているとのこと。多くのお客様との出会いを通じ、さらなる成長を体験できる喜びを、自身だけではなく若手社員とも共有していきたと考えております。
それには、これまでの私の営業リーダーとしての経験が存分に活かせるものと自負しております。

こんな面接はダメだ! 態度が悪い

いつものしぐさ(行動)は、面接でも意識をしていないと出てしまいます。
自分の”クセ”は意外と気づかないものです。面接対策として一度、スマホなどで動画を撮影してご自身を客観的に見るのもおすすめです。

  • こんな態度は、NG!

【NG例】

  • 『おかけください』と言われる前に座る
  • 名刺を机越しに片手で受け取る
  • いただいた名刺をすぐに名刺入れやカバンにしまう
  • 腕や脚を組んで座る
  • ほおづえをつく
  • 貧乏ゆすり
  • 髪や服をさわる
  • 目を合わさない

 ・・・などなど。

こんな面接はダメだ! 志望動機がない

面接官:『どうして弊社を志望されたのですか?』
求職者:『御社のゲームタイトルを多く利用させていただき、自分自身楽しめる環境だと思ったからです。』

志望した理由になっていません。
面接官が興味あるのは求職者がその企業に対して、どういった意気込みがあるかを聞いています。ただ単純に自分自身が楽しめるからなど企業にとって何のメリットにもならないことを言われても、面接官は興味を持つことができません。

【模範解答例:具体的な提案をする】
御社のゲームタイトルを多く利用させていただき、自分なりに企画書を作成して参りました。
こういった企画を実際に取り入れると、よりプレイヤーが楽しめ、かつアイテム購入率なども上がるのではないでしょうか?

【模範解答例:面接官の興味を引き出すような受け答えをする】
自分のスキルではまだ未熟な部分はあると思いますが、Javascriptのスキルには自信があります。
このスキルをベースに御社のアプリ開発に貢献させていただきたいと考えており、今回ご応募させていただきました。

まとめ

  • 自分の希望と企業の求めているものがマッチしていることをしっかりと伝える。
  • 会社への貢献方法や、具体的なアイデアなど、面接官の興味を持つ志望動機を伝える。
  • 今後のキャリアプランや何を身につけていきたいかを交えて、経歴や志望動機を伝える。

そのほかの転職ガイドはこちら