転職ガイド

履歴書の書き方見本&おさえておくべきポイント

転職ガイド-履歴書の書き方徹底解説!-履歴書のキホン

履歴書のキホン

履歴書は、あなた自身をPRする書類として欠かせないものです。記入ミスや空欄の目立つ履歴書は、それだけで企業の採用担当者の印象はマイナスになってしまいます。
ここでは、履歴書を書く前におさえておくべき点から、各項目ごとの書き方、具体的な志望動機の書き方まで、履歴書を作成するうえで重要なポイントを解説していきます。
ポイントをおさえて、採用担当者の印象に残る履歴書を作成しましょう。

履歴書を書き出す前におさえておくべきポイント

黒のボールペンもしくは万年筆で書く

履歴書の記入には、黒のボールペンか万年筆を使用します。
鉛筆やシャープペンシルはNG。「消せるボールペン」も使えません。履歴書は正式な書類ですので注意しましょう。

文章形式や年号(和暦・西暦)を統一する

文章形式は「です・ます」で統一します。年号は和暦、西暦どちらを使っても問題ありません。ただし、どちらかに統一しましょう。
また、数字は算用数字を使用しましょう。

修正テープや修正ペン、横線での修正はNG

記入ミスをした場合は、最初から書き直しが基本です。修正された跡がわかる履歴書は、それだけで選考から外されるケースもあります。

きれいな字を意識して、一字一字丁寧に書く

字に自信がないという方でも、一字一字、「読みやすい字」を心がけ丁寧に書くことで、印象の良い履歴書になります。

誤字・脱字は厳禁!略字で書かない

どれだけ魅力的な履歴書でも、誤字・脱字ひとつで台無しになります。略字も手抜きな印象を与えてしまいます。

メールで応募する際はPDF形式で送る

ExcelやWord、その他ソフトで作成した履歴書をメールで送信する際は、相手の環境によっては閲覧できない場合もあるので、必ずPDF形式に変換したものをお送りしましょう。
また、必要に応じてパスワードの設定を行ないましょう。その際は、履歴書をお送りするメールと、パスワードを記載したメールは分けて送ることも忘れないようにしましょう。
※いずれも応募先企業に、送る際のフォーマットを先に確認したうえでお送りすることが大切です。

入学・卒業・入社・退社の年月は正しく書く

入学・卒業・入社・退社の年月は必ず確認をしましょう。生年月日を入れると自動で計算してくれるサイトを使えば、簡単に年度がわかります。ぜひ活用してみてください。

履歴書を書くときにおさえておくべきポイント

履歴書は、まずは見た目が大切。手書き・パソコン入力いずれも、文字の大きさ・余白・行間などを揃えて作りましょう。これらを揃えるだけで、読んでもらえる確率がグンとアップします。
また、パソコン入力の場合、文字の種類も統一しましょう。

履歴書は手書きとパソコン入力、どちらが有利?

応募書類を作られる方が、誰もが一度は悩む疑問です。
これには正解はありません。
『履歴書は必ず手書きのものを』と指定がされていない限り、パソコンで作成しても問題はありません。

チェックされているのは

  • 正しい内容が書かれているか?
  • 志望動機がきちんと自身の言葉で語られているか?
  • 企業が求めるキャリアとマッチしているか?

といった基本的な内容です。
下記に無料履歴書テンプレートを2種類ご用意いたしましたので、ご自身にあったものをダウンロードしてご利用ください。

無料で履歴書テンプレートのダウンロードができます

印刷して手書きできるPDFフォーマット、またはパソコンで入力して印刷できるExcelフォーマットの2種類の履歴書テンプレートをご用意いたしました。どちらも無料でダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

履歴書テンプレートのダウンロードはこちら(PDF)

履歴書テンプレートのダウンロードはこちら(Excel)

そのほかの転職ガイドはこちら